韓国では改名ブーム?

韓国では就活難のため、就職活動をしている20~30代の若者の間で改名ブームが起きているという。
教員採用試験に4回も落ちた20代の「イスル」さんは、占い師に「他は全部いいのに『イスル』という名前のせいで運勢が開けない。名前を変えた方がいい」と改名を勧められ、母親の後押し「ヘイン」と名前を変えた。
同じように面接試験に受からない20代の「ウヨン」さんは、名前の聞こえが良くないと「ジヨン」に改名したという。就職活動中の30代の「スングン」さんは、面接官が毎回名前を聞き返してくるとして「ミンジュン」に改名した。
改名手続きを行うソウル家庭裁判所の関係者は「1日平均で30人が改名を申請するが、このうち10人は就職が理由」と話す。
これまでは、特別な事情がなければ改名できなかった。名前が別の固有名詞として意味を持つためいじめを受けたり、犯罪者と同姓同名の氏名をもつひとが改名手続きを行ってきた。
しかし2005年に、「特別な理由がない限り個人の権利を保障する次元で改名を許可しなければならない」と法を改定した。
このため、改名手続きを行う人が増えており、改名申請専門の弁護士や司法書士が登場するほどだという。
裁判所関係者は「最近は『両親が付けてくれた名前を一生使用しなければならない』という考え方が以前よりも弱まってきており、特に耳障りな名前でないとしても、本人が気に入らなければ改名しようとする傾向にある。裁判所も、犯罪経歴を隠したり借金の返済を免れようとしたりする目的でない限り、ほとんどのケースで改名申請を受け入れている」と続けた。
日本でいうキラキラネーム世代が、20~30代となった時、日本でも改名ブームがおこるかもしれない。

星野源、オールナイトニッポンのパーソナリティに

星野源さんがラジオ番組の「オールナイトニッポン」のレギュラーパーソナリティを務めることが決まりました。
番組は3月28日からスタートするとのことです。
日頃から、自身の「ラジオ愛」を語る星野源さん、「リスナーと共に新しいオールナイトニッポンを作れるように頑張ります!」と意気込みを発表しました。
今回、レギュラーパーソナリティを務めることになった星野源さんですが、実はソロ活動を開始する2年前の2008年には、「オールナイトニッポン」のパーソナリティを務めていたことがあるんです。
当時は、「オールナイトニッポンクリエイターズナイト」というタイトルの中で週替わりのパーソナリティのうちの一人として、2008年8月から11月にかけて、4回パーソナリティを担当していました。
2015年には、「オールナイトニッポン」を担当した際には、スタジオで生歌を披露したこともあったりと、今回のレギュラー番組でもスタジオ生歌が披露されることも期待されています。